使用言語で性格も変わる(かもしれない)というお話

今回の買付中、帰国便内で観た映画の中でとても面白かったものがありました。
『メッセージ(原題:ARRIVAL)』というSFで、当方はだいぶ昔に、テッド・チャン原作の
短編小説『あなたの人生の物語』を読んでいたのですが、内容は結構忘れていました。
映画を観た後、自宅にあった原作を読み返してみたのですが、映画ではストーリーの
全体像はそのままに、でも理解しやすいように、エイリアンの文字も宙に浮かぶビジュアルで
観客の目を惹くように、そして所々にドラマを設けて興味を持続させるよう改変されていました。
『インターステラー』とか好きだった方におススメします、日本では現在公開中のようです。
まあ、映画の評価なんて所詮個人の趣味の反映なんですけどね。

ただ、当方にとっては大当たりでした。科学考証についても、現時点の最先端の
理論物理学や言語学を取り入れた映画になっているようです。
そして映画に登場する宇宙船のビジュアルが日本のお菓子『ばかうけ』にそっくり、
というのも話題になっているようですね。それに便乗するかたちで

ばかうけ

こんな『公式』ポスターも登場しています。ばかうけの生産会社の社長も
『私の目から見ても “ばかうけ” にしか見えず、他人事だとは思えない運命的なものを感じました』
と言っていますね。まあ、『巨大な柿の種』とも言われているようですが・・・


そして、既に様々な場所で複数の方に言及されている事なのですが、
この映画のストーリーの根底に、社会心理学の『サピア=ウォーフの仮説言語はその
使用者の世界観や考え方の形成に大きく関与し、差異を与えるという仮説
)』があります。
これがストーリー構成上の大きな核の1つとなっています、ネタバレになるので詳細は書きませんが。

小難しい話ですみません、一体何故こんな話をしているかと言うと、以前この仮説を知った時、
当方は『これって少なくとも僕にとっては当たっているのかも』と思ったのです。
今回は、そんな話になります。あくまで当方の個人的な経験ですので、
異なる意見の方も多数いらっしゃるかと思います。その点はご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去のブログで何度か言及したように、当方は中東やアフリカ、東ローロッパを中心に
何年か放浪する途中や放浪後にイギリスのロンドンに住んでいました。
住むからには英語がある程度話せないと不便ですので、テレビドラマ中の俳優のセリフや
友人達が使う英語をフレーズごとそのまま憶えて使っていました。
そのうち、当方の性格に変化が訪れたのです。

それまでの自分は、どちらかというと内向的であまり喋らなかったのですが、
英語では、というかロンドン在住時には結構喋る様になりました。
そして、はっきりと自分の意見や考えを伝える様になりました。

英語での会話は、『誰』の後にすぐ『動詞』、つまり『行動』が来るので
どうしても言い切るかたちが多くなり、曖昧さが日本語に比べて格段に減るのです。
そして喋らないと、自分の意見を言わないと誰にも相手にされない社会なのです、
余程の美男美女やお金持ちや売れてるアーティストとかなら別なんでしょうが。

そして住んでいるうちに、頭の中でモノを考える時も無意識に英語で考えるようになっていました。
『サピア=ウォーフの仮説』に当てはめると、当方は英語を使用する頻度が増えることによって、
曖昧さを嫌がり、割とはっきりモノを言う性質に、少なくとも表面上は変化した、という事です。
そして、同じラテン語を語源に持つヨーロッパ各国語間のバイリンガルよりも、文法が極端に違う
日本語とのバイリンガルの方が、その影響も色濃いものになるのではないか・・・と推測出来ます。

実際のところ英語というものは、上流階級に近づけば近づくほどやんわりとした婉曲表現が
かなりあって、その部分ではストレートな下町の労働者階級の英語とはかなり違うのですが、
当方の拙い英語ではどうしても直接的な表現になってしまう、という側面もあったと思います。

少なくとも表面上はこういう性格になり、その後日本に帰国したのですが、
割とはっきりと自分の意見や考えを言うために『一体何なの?あの人』という
扱いや態度をされることがかなりありました。それはそれで傷ついたものですが、
今思えば当時の自分もずけずけとモノを言い過ぎでした、反省していますが、
やはり曖昧な態度や表現は苦手だな・・・という傾向は自分の中に残っています。
後になって『実はあの時ああだった、こう思ってた』とかは勘弁してくれ、言いたいことが
あるならはっきり言わないと、特に仕事の現場ではそれが命取りになる、と強く思います。

勿論ですが、自分の変化の原因を、英語への理解が深まった事のみに限定するのは
あまりにも乱暴なものの見方だと思いますし、間違っていると思います。
でも、原因の1つなのかもしれないな・・・と思索したりする時間というものは、
なかなか豊かなものですよ。まあ、何も人生の役には立ちませんけどねー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本では『帰国子女ははっきりとモノを言う』という世間一般の総意みたいなものがありますが、
これはその人の性質というよりも、外国にいてその国の言語を話すうちに、表面的な性格が変わって
しまう人が多い(若ければ若いほど刷り込みの余地が多く影響を受けやすいと推測出来ます)
という傾向があり、決して意識してそうなったのではないと思うのですが、如何でしょうか?


まあ、如何でしょうか?と言われても実証のしようもないのですけどね。
そんな事を考えさせられた映画でした。




では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



*下記は今週の新入荷更新タイトルです。尚、既に売り切れたものは、リンク先が無かったり、違っていたりする場合があります。その際はご容赦下さい。

*今週の ディスコ 12インチ、ソウルLP 新入荷更新タイトルです

HamiltonBo-MeAnd200.jpg
HAMILTON BOHANNON / ME AND THE GANG (US promo 12")

RarePleasure-Let落書200
RARE PLEASURE / LET ME DOWN EASY (12")

DavidAstri-Dancing(CC)200.jpg
DAVID ASTRI / DANCING DIGITS (12")

IndependentMo-Slip変色200
THE INDEPENDENT MOVEMENT / SLIPPIN AWAY (US promo 12")

HerbieHan-Ithought落書200
HERBIE HANCOCK:I THOUGHT IT WAS YOU (US promo 12")

TalkingHeads-This(USpro)200.jpg
TALKING HEADS / THIS MUST BE THE PLACE (US promo 12")

Change-AngelIn(USpro)200_20170609203327222.jpg
CHANGE / ANGEL IN MY POCKET (US promo 12")

AsphaltJungle-Freak200_20170609203324eca.jpg
ASPHALT JUNGLE / FREAKIN TIME (12")

JohnDavis-IcantStop2-200.jpg
JOHN DAVIS & The Monster Orchestra / I CAN'T STOP (12")

Matsubara-SOS(CC)200.jpg
MATSUBARA / S.O.S. (12")

Leprechaun-Loc(US)200_20170609203408392.jpg
LEPRECHAUN / LOC-IT-UP (12")

TalkingHeads-Slip(Cas)200.jpg
TALKING HEADS / SLIPPERY PEOPLE (Casette Ver.) (US promo 12")

RandyCrawford-Whosヨレ200
RANDY CRAWFORD / WHO'S CRYING NOW (12")

EightesLadies-Ladies(CC)200.jpg
EIGHTIES LADIES / LADIES OF THE 80S (LP)

ArchieBell-Tighten200.jpg
ARCHIE BELL & The Drells / TIGHTEN UP (LP)

BarbaraAcklin-Seven(DH)200_20170609203325199.jpg
BARBARA ACKLIN / SEVEN DAYS OF NIGHT (LP)

MadelineBell-Thisリング痕20
MADELINE BELL / THIS IS ONE GIRL (LP)

Labelle-Moon微スレ200
LABELLE / MOON SHADOW (LP)

GEORGE DUKE / Straight From The Heart (US promo 12")
ZAPP / Doo Wa Ditty / A TOUCH OF JAZZ (US promo 12")
CARL DAWKINS / African Awakens / AWAKE (12")
KONK / MACHINE (12")
LENNY KRAVITZ / IT AIN'T OVER TIL IT'S OVER (12")
THE ROLLING STONES / Undercover Of The Night (US promo 12")
THE STYLE COUNCIL / PROMISED LAND (12")
THE SYSTEM / YOU ARE IN MY SYSTEM (12")
WILLIE COLON / SET FIRE TO ME (12")
AL DI MEOLA / SEQUENCER (12")
BOB MARLEY & The Wailers / BUFFALO SOLDIER (US 12")
CHANGE / DON'T WAIT ANOTHER NIGHT (US promo 12")
EARTH WIND & FIRE / LET'S GROOVE (Holiday Ver.) (US promo 12")
EBONEE WEBB / SOMETHING ABOUT YOU (US promo 12")
LOI / ONE DRAW (12")
NANCY MARTIN / CAN'T BELIEVE (12")
TOM TOM CLUB / Wordy Rappinghood / Spooks (12")
SHALAMAR / RIGHT IN THE SOCKET (remix) (US 12")
SWING OUT SISTER / BREAKOUT (US promo 12")
INNER LIFE / (Knock Out)Let's… / LIVE IT UP (12")
Shannon ・ Steve Arrington / Let The Music Play ・ Dancin... (US promo 12")
THE JACKSONS / BLAME IT ON THE BOOGIE (US promo 12")
BUNNY WAILER / Electric Rap / SOUL ROCKING PARTY (12")
DERICK LARA / HELLO STRANGER (12")
MFSB / FREDDIE'S DEAD (Re-Edit) (12")
MOTO SANO / COMPLICATION SHAKEDOWN (12")
PATTI LABELLE / OH PEOPLE (remix) (US 12")

B.T. EXPRESS / 1980 (LP)
GWEN GUTHRIE / GWEN GUTHRIE (LP)
IMAGINATION / NIGHT DUBBING (LP)
JR. TUCKER / JR. TUCKER (LP)
MUNICH MACHINE / BODY SHINE (LP)
NIGHTLIFE UNLIMITED / NIGHTLIFE UNLIMITED (LP)
SUZY Q / GET ON UP AND DO IT AGAIN (LP)
SUPERMAX / FLY WITH ME (LP)
BLACK SUN / DISCO HEAT (LP)
BOHANNON / DANCE YOUR ASS OFF (LP)
THE FATBACK BAND / RAISING HELL (LP)
MANDRE / M3000 (LP)
MFSB / MFSB (LP)
THE NEW BIRTH / BIRTH DAY (LP)
THE NICK STRAKER BAND / THE NICK STRAKER BAND (LP)
RINDER & LEWIS / WARRIORS (LP)
ROBERTA FLACK / BUSTIN' LOOSE soundtrack (LP)
TOULOUSE / EXPORT (Canadian LP)
CHOCOLATE MILK / WE'RE ALL IN THIS TOGETHER (LP)
DEBRA LAWS / VERY SPECIAL (LP)
MFSB / MYSTERIES OF THE WORLD (LP)
CANDIDO / DANCIN' & PRANCIN' (LP)
THE EMOTIONS / SUNBEAM (LP)
THE KAYGEES / Keep On Bumpin & Master Plan (LP)
MUSIQUE / KEEP ON JUMPIN' (LP)
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

cisum

Author:cisum
大阪の中古レコードWEB SHOPのオーナーが、買付であった面白いことやクラブイベント・レポート、レコードにまつわる雑談等を載せています。

WEB SHOPはこちら
http://cisumrecords.com

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー