ディスコ・ミュージック烈伝 その3 Gil Scott-Heron

 さて、今回はディスコ・ミュージックに関わった方に、当方が勝手にスポットを当てた『ディスコ・ミュージック烈伝』の3回目になります。

 今回はディスコ・ミュージックではないのですが、多くの曲がクラブプレイされているということで、今回は先日お亡くなりになられたギル・スコット・へロン氏についてです。

ギル
         Gil Scott-Heron 1949 - 2011

 彼の経歴や作品については、既に様々な読み応えのある記事がたくさん存在すると思いますし、そちらの方が素人の当方の記述よりもずっと正確だと思います。

 そこで今回は、当ブログなりの切り口として、『政治的』なものが多いと言われる彼の歌詞について、そのいくつかの内容を関係のある写真とともに『どのように政治的・社会的なのか?』という観点からご紹介してみようと思います。
 今回の記事の内容は、部分的に英語版のウィキペディアに拠っていますので、毎度の事ですが、当方の翻訳ミスや誤認等がありましたらお許しを・・・蛇足ですが、選曲は当方の趣味に基づいております。



Angola Louisiana (LP "Secret")

ギャリー
Gary Tyler氏

 1974年に起きた事件についての歌です。この事件は当時16才の黒人の高校生ギャリー・タイラーが、下校時に通学用のバスに乗っている際に、黒人融和政策に怒りを感じていた100人以上の白人の暴徒に囲まれ、その時に13才の白人の少年を撃ち殺したとして逮捕、当時の裁判ではアメリカ史上最も若くして電気椅子処刑、のはずだったのが減刑され終身刑になり、現在も服役しています。

 裁判も、陪審員が全て白人だったことや、強要された自白などが大きな問題になったようですが、個人的意見を言わせて頂きますと、アメリカでの対人種間に起きた事件は、何が真実かは第三者からは判断が困難です・・・O.J.シンプソンの例もありますように、シンプルな事件として裁けなくなる事が多いのです。そして、事件の場所はルイジアナ州、現在も人種差別が根強く残るアメリカ南部です。

 ギル・スコット・へロンは勿論ブラザー&シスターの味方なので『彼は正当防衛で無実だ』、そして " Take a look at what's goin' on people, 'Cause this all could happen to you "『 よく見ておきなよ、今度はあんたにも(無実で逮捕されることが )起こるかもしれないんだぜ 』と歌っています。
 もう一つ個人的に気になるのは、歌詞中に「彼の母親から『息子に何か言ってやって欲しい』という内容の手紙を受け取った」というパートがあることで、これが事実なら、ギル・スコット・へロンは釈放運動に関わっていたか、ブラック・アメリカンのスポークスマン的な地位にあると見られていたか、のいずれかなのかな?と推測したりも出来ます。まあ、単に母親がギルのファンだったのかも知れませんが・・・



We Almost Lost Detroit (LP "Bridges")

Fermiブログ
Enrico Fermi 原子力発電所

 アメリカ中東部の都市・デトロイトから約30マイル(約48キロ)南下すると、高速道路75号線の横、湖沿いに"Enrico Fermi"という原発があり、買付でデトロイト付近まで行くと、殆んどの場合この横を通ります。これまではここに近づく度に、運転をしながらこの歌を口ずさんでいたのですが・・・現在、この歌は今まで以上の意味を持ったと思います。

 この原発は1966年に部分的なメルトダウンによる放射能漏れ事故を起こしていて、それで亡くなった方はどうやらいないようですが、危機感を募らせた人も地元にはきっと多く、それで歌の題材になったのかもしれませんね。

 歌は、高速道路を走行している車から巨大な建造物(原発)を見た子供が、母親に「あれは何なの?」と訊くシーンから始まります。そして、 " No one stopped to think about the babies or how they would survive "『 自分の子供達、そしてその子供達の(将来の)生存について、車を停めて考える人は誰もいなかった 』 というパートに繋がります。勿論、僕も車を停めないうちの1人だったのですが、今では多くの人々、とりわけ日本人には大きなリアリティーを持って響くのではないでしょうか?

 『我々はデトロイトを失ったも同然だ』という、その曲中に込められたメッセージは、今こそ深く胸に突き刺さってくるような気がしてなりません。「We Almost Lost...」が「We Already Lost...」にならないよう、人間の行動を問い続ける1曲と言えるかも知れません。



The Klan (LP "Real Eyes")

クラン
いにしえの彼等の儀式の様子です

 Yam Whoによるリ・エディットも出ていたこの曲、これはクー・クラックス・クランについての歌です。勿論ご存知の方も多いでしょうが、クー・クラックス・クラン(KKK)とは、主にアメリカ南部に存在した、白の不気味な頭巾をまとい、1860年代から現在まで(現在はその規模は小さいです)存在する白人至上主義団体です。
 過去には過激化し、黒人をリンチにかけ殺害したり暴力を振るったりした過去もあり、その情景はジャズ・シンガーのビリー・ホリデイも「奇妙な果実 "Strange Fruit"」で歌い、抗議の声を挙げました。

 おそらく歌の時代設定がだいぶ昔になっています。というのも、歌詞に"Riders"とあります。昔は夜中に馬に乗った団員達が現れ暴行を加える場合も多々あったらしいのですが、その人達はNIGHTRIDER(ナイトライダー)と呼ばれていました。この歌は、彼らが突然家にやってきて、恐怖に震える少年の視点から書かれたものになっており、最後は『自由になるのは簡単な事じゃない』と締めくくられています。

 彼のような詩人の歌はダブル・ミーニング、時にはトリプルまで含む場合があるので、"The Klan"というのは何かのメタファー(暗喩)なのかな?と歌詞をじっくり見てみましたが、それにしては直接的表現が多いので、おそらく素直にKKKのことを批判しているのだと思います。



The Bottle (LP "Winter in America")

ボトル
後発のヨーロッパ盤12インチのジャケです
なんかへなちょこ・・・でも味がある?


 有名すぎるのでご存知の方も多いとは思いますが、おそらく彼の曲の中で一番有名なので、これに触れないわけにはいかないでしょう。

 『 酒びたりの男はボトルの中に住んでいる、アル中の女性はボトル(酒)の助けを求め、そんな彼女を助けようとした牧師を酒のボトルでぶん殴る・・・時が過ぎ行くうちに、人間はボトルの中に入っているだろう 』など、歌詞全般ではお酒についてだけではなく、壜(ボトル)に纏わる問題を抱えた人々について歌った曲です。
 勿論これは現代でも、そして飲酒が禁止されない限りきっと未来にも通じる内容で、これからもクラッシックであり続けることでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1990年代にロンドンで一度観た彼のライヴは、うーん、なんと言うか・・・同時期に見たロイ・エアーズ氏の場合はジョークや少しの下ネタも短く交えて曲へ、といった感じで楽しかったのですが、ギル・スコット・へロン氏の場合、音楽は勿論良かったのですが、曲と曲の間に彼が色々語るんですけど、それがとにかく長い!おまけに政治的なことばかりなので、客から「はやく曲やれー!」という声も聞こえてきました。でも、気にせず延々と語る・・・みたいな感じで、あくまで個人的感想なのですが、「う~ん、音楽を演奏する体力も衰えてきているのかな・・・」と少し寂しく感じたものです。

 しかし、彼は元来詩人であり、演奏する事はメッセージを伝える事、と捉えていたと思います。上でご紹介した曲から分かるように、アメリカの内政や社会情勢に通じていないと彼のメッセージは伝わりにくいのかもしれませんが、"We Almost Lost Detroit"や"The Bottle"のように、現在も新たな意味が吹き込まれていくであろう多くの名曲を遺した彼の眼差しは、決して忘れられる事はないでしょう。
 


では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com

*下記は今週の新入荷更新タイトルの一部です。尚、既に売り切れたものは、リンク先が無かったり、違っていたりする場合があります。その際はご容赦下さい。

*今週のディスコ新入荷更新タイトルの一部です

アメリカの中身?ファンキーに決まってるだろ!とばかりに迫りくる
Juggyブログ
JUGGY MURRAY JONES / INSIDE AMERICA

甘く柔らかく、ぽわんぽわんと弾むような名曲
Massuブログ
MASURRATI and Huey Harris / SUPER DUPER LOVIN

定番ですが、12インチはレアなカリビアン・ディスコ
Triniブログ
JOHN GIBBS and US Steel Orchestra / TRINIDAD
等あります。

KINKY FOXX / SO DIFFERENT
CABARET VOLTAIRE / YASHAR
THE 202 MACHINE / GET UP (Rock Your Body)
EL COCO / COCOMOTION 79 / AFRODESIA
JOHN PAUL YOUNG / LOVE IS IN THE AIR
LUCY HAWKINS / Gotta Get Out of Here / Lady of The Night
MYSTIC MERLIN / JUST CAN'T GIVE YOU UP (US promo)
NEW JERSEY CONNECTION / LOVE DON'T COME EASY
BON JOVI / LIVIN ON A PRAYER
CROWN HEIGHTS AFFAIR / DANCIN (special disco mix)
CROWN HEIGHTS AFFAIR / GALAXY OF LOVE (US promo)
DELEGATION / OH HONEY
EDDIE KENDRICKS / GOIN UP IN SMOKE
THE ISLEY BROTHERS / HOPE YOU FEEL BETTER LOVE
Jah Wobble & The Edge & Holger Czukay / SNAKE CHARMER EP
JIMMY ROSS / FIRST TRUE LOVE AFFAIR
DARYL HALL & JOHN OATS / I CAN'T GO FOR THAT
KID CREOLE & The Coconuts / ME NO POP
KRAFTWERK / TOUR DE FRANCE
Lamont Dozier / David Williams / Going Back To My Roots / Come On Down…
MADONNA / EVERYBODY
MAGIC CITY feat. FIRE / LET'S ROCK
MARVIN GAYE / A FUNKY SPACE REINCARNATION
MIDNIGHT RHYTHM / WORKIN & SLAVIN
MINNIE RIPERTON / STICK TOGETHER
SILVETTI / SPRING RAIN
SYLVESTER / CAN'T STOP DANCNING (Holland 12")
HAPPY MONDAYS / KINKY GROOVY AFRO
PHREEK / WEEKEND (黄Atlantic 12")
CREATIVE SOURCE / WHO IS HE WHAT IS HE TO YOU
MILLIE JACKSON / I HAD TO SAY (US promo 12")
OLIVIA NEWTON-JOHN / PHYSICAL (French 12")
A CERTAIN RATIO / LOVE IS THE WAY (EP)

*今週の ハウス・クラッシック、ジャズ LP 新入荷更新タイトルです

『もうたくさんだわ・・・』と愛に別れを告げる名曲
Denitブログ
DENITRIA CHAMP / I'VE HAD ENOUGH (US promo EP)

『愛の仮面舞踏会、本当の顔が見えないわ・・・』と戸惑う名曲
280westブログ
280 WEST feat. D. TEMPLE / LOVE'S MASQUERADE
等あります。

GEORGE BENSON / SONG FOR MY BROTHER (US W-12")
JERRYBEAN / SPILLIN THE BEANS (US promo W-12")
KENNY DOPE / POWERHOUSE 3 (EP)
ANGELIQUE KIDJO:BATONGA (US promo 12")
QUEST feat. Liz Torres:MIND GAMES (12")
SERIOUS INTENTION / YOU DON'T KNOW (Special Remix) (12")
STEVIE WONDER / SO WHAT THE FUSS (US promo "DANCE MIX" 12")
VALLERENGA BLUES and DISKO COMBO / BALLERINA (12")
V.A. / UNDERGROUND DANCE MUSIC Vol. 1 (EP)
4SIDERS / DEEP IN BLUE (12")
ANTONIO OCASIO / RENEWAL (12")
CROSSTOWN TRAFFIC / UNDERSTAND… EP
DJ CHUS & DAVID PENN / SUNSHINE (12")
FINGER PRINTZ (Kerri Chandler) / 2EP
JAZZ DOCTOR -THE:HOUSE GROOVES Volume 1 (EP)
KENLOU 5 / THRU THE SKIES (12")
MUDD / ADVENTURES IN BICKET WOOD (12")
T.J. / I DUB AGAIN / I'M BACK AGAIN (12")
ROMANTHONY presents NAIDA / IT'S ON 2NITE (12")
ST GERMAIN / BOULEVARD 2/3 EP
ULTRA NATE / Blue Notes in The Basement (US promo LP)
BLACQ & WRIGHT / THE DANCE (W-12")
KERRI CHANDLER / RAIN (12")
V.A. / CLASSIC RECORDS W-EP
V.A. / REVOLUTIONS EP

CHARLES EARLAND / COMING TO YOU LIVE (LP)
DAVID AXELROD / MARCHIN (LP)
GEORGE DUKE / MASTER OF THE GAME (LP)
THE JEFF LORBER FUSION / S/T (LP)
PHIL UPCHURCH / LOVIN FEELING (LP)
RYO KAWASAKI / JUICE (LP)
JOE ZAWINUL / DI-A-LECTS (LP)
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

没収レコード、キャッチ&リリース

レコード
こんな時代のレコード屋が一番幸福だったのかも・・・



 こんな仕事をしているので当たり前なのですが、当方もレコードというメディアが大好きです。元来、自分の好みで買い付けてきた商品が多いので、12インチ・アルバム問わず、当然のことですが自分で欲しいものはたくさんあります。その中で、どうしても欲しいものがあったら一度は手元に残したりします。
 1枚没収したら、1枚自分のレコードから出す、という自分で決めたルールもあります。そうでないと、本当にキリがありません・・・
 長いことこの稼業をやっていますが、未だに知らない、もしくは知っていても今まで気に留めなかったレコードはたくさんあります。そして時代に併せて自分の耳、つまり好みも変化していく傾向もありますので、欲しいレコードは限りなく増えていく一方、『もう要らないかな・・・』と思うレコードも出てきます。まあ、この辺りの事情は、レコードに限らずコレクトしているものがあれば、誰もが共通する部分でしょう。


 雇われの身としてレコード店で働いていた時は、こんな悩みはありませんでした。たとえ自分が買い付けたものでも、オーナーに『これ欲しいです!』と言えば、大抵のレコードは売ってくれました。
 店によっては『従業員が買うのはダメ』というルールがあったらしいのですが、僕が働いていた店はオーナーのおおらかな性格もあってか、特に問題になることは無かったです。
 まあ、その頃は他に売れる商品タイトルが多かった時代でしたから、今ほどそのあたりもキツくなかった気がします。それに、中古レコード店で働きたい、と思う人間はそのほとんどが自身もレコードが大好きで、集めている人が殆んどでしたから、同業者(被雇用者)から『欲しいレコードがあってもオーナーが売ってくれないんですよ』という話を聞く度に、『そんなツラいことはないなあ・・・』と当時勤務していた店のオーナーに感謝したものです。


 しかし、時代は変わりました。特にレア盤に関しては、元々なかなか見つけられない上に、現在では買付で安く買えるということは奇跡に近く、海外のディーラーやお店でもネットで簡単に相場を調べられるので、それなりの金額を出して買付する事が殆んどです。
 売らないとこちらが被る金額も大きくなるし、一度没収したレコードも結局販売にまわす・・・価格が安い商品の没収はまだいいのですが、欲しいと思うものの中には勿論の事レアなものもあり、『自分が欲しい』ということは『お客様も欲しい』に違いない、という考えも持っています。それに、以前ほどDJをしていませんので、『聴くだけならLPでもいいかな・・・』と自分が持っている珍しい12インチは、その曲を収録しているLPに差し替えたりもしてしまいます。


 自分で始めて改めて気付いたのですが、今の時代のレコード屋というものはお客様に商品を見せてナンボ、だという事です。それに当店は店舗がありませんので、例えすぐに売れて在庫がないものでも、『どんな商品が入荷していたか』をサイトを見ていただけるお客様に知って頂くのはとても重要だと感じています。
 それが当店の商品仕入れのテイストを知っていただく事にもなりますし、盤質やジャケのコンディション、それに応じたプライス等についても、『この店はこんな感じかな』と知っていただけるのではないか、と思います。
 結局、当店のような、独りで切り盛りしている小さな規模のお店は、店主の好み・盤質に対する考え方等が、その商品内容に無意識のうちに反映されているものですから。


 という訳で、僕個人のレコードは全然増えていかないのですが、お客様に喜んでいただけるならそれでいいか・・・と最近はようやく割り切れるようになりました。でも時々『欲しいレコードを全部没収していたら、すごいコレクションになっていたんだろうな・・・』と一抹の寂しさも憶えてしまうのは、まだ僕が完全に割り切れていないからなんでしょうね、我ながらホント諦めの悪い人間だなあ、と笑ってしまいますけどね。
 でもまあ、だから今でもこの仕事をしているのでしょうね^^



では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com

*下記は今週の新入荷更新タイトルの一部です。尚、既に売り切れたものは、リンク先が無かったり、違っていたりする場合があります。その際はご容赦下さい。


*今週の ディスコ 12インチ 新入荷更新タイトルです

一時はどえらい値段になっていたラテン名曲
AlGonブログ
AL GONZALEZ / EL RUMBON

彼らしい軽快なラブ・ソング、この季節にピッタリ!
Stevieブログ
STEVIE WONDER / DO I DO (US promo)
等あります。

COLLAGE / GET IN TOUCH WITH ME
ASHA / I'M GONNA DANCE
ASHFORD & SIMPSON / BABIES
BAMBU / I DON'T WANNA LOSE IT
FINAL EDITION / BETCHA CAN'T LOVE JUST ONE
JAMES BROWN / For Goodness Sakes Look At Those Cakes (US promo)
JIMMY McGRIFF / HIP HOP BEBOP
KID CREOLE & The Coconuts / ME NO POP I
MARVIN GAYE / A FUNKY SPACE REINCARNATION
MIDNIGHT STAR / Body Snatcher / CURIOUS
SHIEK / FINDERS KEEPERS
THE STYLE COUNCIL / MY EVER CHANGING MOODS (US promo)
WAR / GALAXY
ANITA BAKER / SWEET LOVE (US promo)
FUNKAPOLITAN / RUN RUN RUN
INNER LIFE / I'M CAUGHT UP
JIMMY ROMA / BEYOND THE GALAXY
MANU DIBANGO / ABELE DANCE
MIDNIGHT RHYTHM / WORKIN & SLAVIN
ROBERTA FLACK / DON'T MAKE ME WAIT TOO LONG
SIMPLY RED / COME TO MY AID
SISTER SLEDGE / LOST IN MUSIC
SUN / RADIATION LEVEL
PAT METHENY & LYLE MAYS / IT'S FOR YOU (US promo EP)
JEAN WELLS / I JUST CAN'T STOP DANCNING (remix)
MIKKI / ITCHING FOR LOVE
VENUS DODSON / Night Rider / WHERE ARE WE HEADED
VOYAGE / SOUVENIRS (Hot Tracks Mix)
D. C. LARUE / LET THEM DANCE (Canadain 12")
JOE SIMON / GOING THROUGH THSESE CHANGES
KAREN DIGGS / YOU TAKE MY LOVE FOR GRANTED
KING CRIMSON / SLEEPLESS
ROCKETS / SPACE ROCK
SHADOW / MYSTERY DANCER (US promo)
TONI SMITH / I LIKE THE WAY IT FEELS (Apexton 12")

*今週の ジャズ LP 新入荷更新タイトルです

宇宙までイってしまった名盤
SunRaブログ
SUN RA / SPACE IS THE PLACE

これも最近なかなか見つかりません
Edブログ
ED KELLY & FRIEND / S/T
等あります。

DIETHELM / FAMULARI / VALLEYS IN MY HEAD
PONTA MURAKAMI / INTRODUCING Ponta Murakami
CALDERA / DREAMER
DENNIS COFFEY / FINGER LICKIN GOOD
DEXTER WANSEL / LIFE ON MARS
DONALD BYRD / PLACES AND SPACES
DONALD BYRD / STEPPING INTO TOMORROW
GEORGE DUKE / FEEL
Gil Scott-Heron & Brian Jackson / BRIDGES
IDRIS MUHAMMAD / TURN THIS MUTHA OUT
INGRAM / THAT'S ALL !
JAY BERLINER / BANANAS ARE NOT CREATED EQUAL
JIMMY SMITH / SIT IT ON !
KENNY BURRELL / Up The Street Round The Corner…
MICHAL URBANIAK / SERENADE FOR THE CITY
NANA VASCONCELOS / BUSH DANCE
PHAROAH SANDERS / OH LORD LET ME DO NO WRONG
QUINCY JONES / DOLLAR soundtrack
QUINCY JONES / THE LOST MAN soundtrack
REVERBERI / TIMER
ROY AYERS:LOVE FANTASY
RALPH MACDONALD / THE PATH
STARSHIP ORCHESTRA / CELESTIAL SKY
AZAR LAWRENCE / PEOPLE MIVING
DAVID NEWMAN / NEWMANISM
TERUO NAKAMURA / RISING SUN
AL JARREAU / LOOK TO THE RAINBOW LIVE (W-LP)
LONNIE LISTON SMITH / VISIONS OF A NEW WORLD
PASSPORT / SKY BLUE
RAY BARRETTO:CAN YOU FEEL IT
STEVE KHAN / TIGHTROPE
LUIS GASCA / S/T
MICHAL URBANIAK / THE BEGUNNING (W-LP)

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

アメリカのホリデー

エッグ

 さて、先週のブログでも書いたように、今回の買付ではイースター・ホリデーにあたってしまい、日曜日はモーテルで読書くらいしかすることがありませんでした。このアメリカの休日というのは、勿論のこと出発前、というか買付の予定を立てる前に日本で調べられるのですが、ついつい調べずに出発してから現地で『ああ、また休みにあたってしまった・・・』と思うことがよくあります。

 休日にならずとも、例えば下記にある3月17日の St. Patrick's Day にあたると、ニューヨークのマンハッタンでは緑色の服を着たアイリッシュ系の人達のパレードのため、一部の道路が通行止めになっていて他の道もメチャ込み・・・その付近のお店を回る予定だったのですが、移動で無駄な時間をかなりとってしまい、予定通りにいかなかったり・・・アメリカではその州ごとのホリデーもあるため、『そんなの事前にわかるかいな』と悔しい思いをしたことも過去には結構ありました。

 日本で祝祭日というと、僕等のような業種(当方には店舗はありませんが)にとっては稼ぎ時という認識があるのですが、海外ではそんなの関係ありません。アメリカは、まだヨーロッパに比べて祝祭日でもレコード店が営業しているほうなのですが、それでもこういうことが結構な頻度であります。そこで、自身の学習も兼ねて、アメリカの休日と日本の休日を比較してみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、アメリカの祭日は下記の通りです。

1/1  New Year's Day
1/17 Martin Luther King Jr.'s Birthday
    黒人人権運動のリーダーの誕生日
2/21  President Day (大統領の日) 
5/30  Memorial Day (戦没将兵追悼記念日)
7/4  Indepenmdence Day (独立記念日)
7/5  Labor Day (労働者の日)
10/10 Columbus Day (コロンブスの日) 
     アメリカ大陸を発見したコロンブスを称える日
11/11 Veterans Day (復員軍人の日)
11/24 Thanksgiving Day (感謝祭)
12/25 Christmas Day 言わずと知れたクリスマス

*宗教的、もしくは人種的なメモリアル・デイ

3/17 St. Patrick's Day アイルランドの守護聖人・聖パトリックの命日 
4/24 Easter キリストの復活祭 キリスト教徒の祝日
10/31 Halloween 万聖節(11/1)の前夜祭 子供のお祭り


 日本では見られないのが宗教絡みの休日でして、例えば先日のイースターは公的には休日ではないのですが、金・土・日と3連休になったり、普段日曜日にオープンしている店も休んだりしています。本質的にはキリスト教徒以外の人には関係ないのですが、街も静かになるため、異教徒も併せて休んだりします。

 あと、5月30日の Memorial Day (戦没将兵追悼記念日)、11月11日の Veterans Day (復員軍人の日)と軍人を称える休日が2回あります。これはアメリカにおける軍隊の重要性を示していると思います。なんたってアンクル・サムがウオンチュー!ですからね。しかし、この休日は日本では出来ないでしょうね、もし制定したら隣国が過去の歴史を持ち出して黙ってはいないでしょうから・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、では日本の祝日です。

1/1       元日
1月      第2月曜日 成人の日
2/11      建国記念日 神武天皇が即位した日
3/21      春分の日
4/29      昭和の日
5/3       憲法記念日
5/5       こどもの日
7月第3月曜日  海の日
9月第3月曜日  敬老の日
(9月22日)   国民の休日(2003年から敬老の日が9月第3月曜日
         に変更になったため、たまに現れる祝日)
9/23      秋分の日
10月第2月曜日 体育の日
11/3      文化の日 日本国憲法の公布を記念した日
11/23      勤労感謝の日 
12/23     天皇誕生日

 こうして見ると、我が国は祝日が多いですね。その代わり、土曜日もしっかり仕事されている会社員の方が多いと思いますので、相対的にはアメリカの方が、仕事が休みの日は基本的に多いと思います。
 これを見る限り、我が国では特定の宗教に基づいた休日はありません。まあ、天皇誕生日とかは神道絡みと思われる方もいらっしゃると思いますが・・・あと、『お盆』に関しては仏教の思想が入ってますね。でもこれは公式な休日ではないので、ここでは取り上げません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アメリカの大統領選挙では、候補の宗派が必ず公表されるように、どの宗教を信じているか?というのは民衆の支持を得る一つの手段でもあります。僕の個人的な感想では、ヨーロッパでは全体的に日本と同じく、どちらかというと信仰心の薄い現代人が多いと思いますので、その点、アメリカは少し奇異に映ります。
 しかし世界でも稀に見る他民族国家(ネイティブ・アメリカン以外は元々は全て歴史上では近年の移住者)ということを鑑みると、キリスト教というものはアメリカ国民を結びつける拠り所の一つになっているのかもしれないな、そういえば、アメリカ紙幣にも"IN GOD WE TRUST"と記されていますしね・・・あくまでも個人的意見ですけどね。

 僕からすれば、アメリカという国は『近代国家』の概念を良くも悪くも世界で一番具現化している国(その人種の多さ、国民は元々ほぼ移民、何か問題があれば強大な軍事力、政治と産業の強力な結びつき、激しい貧富の差があるにもかかわらず能力次第でリッチに・・・等)、という印象があるのですが、そんな国だからこそ国民の共通項的なものが、たとえ一部では既に形骸化していても必要としているのかな・・・などと考えたりしてしまいました。
 まあ、所詮イースターの祭日で暇だったから考えた戯言なんですけどね。


では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com

*下記は今週の新入荷更新タイトルの一部です。尚、既に売り切れたものは、リンク先が無かったり、違っていたりする場合があります。その際はご容赦下さい。


*今週の ディスコ 12インチ 新入荷更新タイトルの一部です

これは激レア!まあ、キズ盤なのですが・・・
Prince-Zmixブログ
PRINCE / SEXY DANCER (Z-mix) (EP)

プロオンリー12インチ、ロングになっています
SilverConブログ
SILVER CONVENTION / NO NO JOE (US promo)

この曲が似合う季節になってきました
McCraysブログ
THE McCRARYS / LOVE ON A SUMMER NIGHT (US promo)

爽やかな風がそっと頬を撫でていくような名曲
Bobbyブログ
BOBBY WOMACK / TRUST YOUR HEART (US promo)
とかあります。

202 MACHINE / GET UP
ASHFORD & SIMPSON / STREET CORNER
ALLEZ ALLEZ / Valley of The Kings / WRAP YOUR LEGS
FRISKY / YOU'VE GOT ME DANCING IN MY SLEEP
KWICK / I WANT TO DANCE WITH YOU (US promo)
STRAIGHT JACKET / FUN
WAR / L.A. SUNSHINE
CANDELA / LOVE YOU MADLY
CHARME / GEORGY PORGY
CHEYANNE / I'VE WAITED TOO LONG
VISAGE / WE MOVE EP
D'ANGELO / Voodoo DJ Soul Essentials (Promo EP)
DEADLINE / MEGATRON MAN
THE GAP BAND / I FOUND MY BABY
GEORGE KRANZ / DIN DAA DAA
HEATWAVE / MIND BLOWING DECISIONS
ISLEY JASPER ISLEY / CARAVAN OF LOVE
JACKIE MOORE / CAN YOU TELL ME WHY (US promo)
MELBA MOORE / STANDING RIGHT HERE
ROCKERS REVENGE / DUBBING IN SUNSHINE
RODNEY FRANKLIN / THE GROOVE
ROUNDTREE / HIT ON YOU (T. Humphries Remix)
SHAKATAK / NIGHT BIRDS (UK 12")
THIRD WORLD / LAGOS JUMP
YAZOO / SITUATION
YELLOWMAN / STRONG ME STRONG
MACHINE / IS IT LOVE
UNDISPUTED TRUTH / YOU + ME + LOVE
J. WALTER NEGRO & The Loose Jointz / SHOOT THE PUMP (w/Inst.)
HERBIE HANCOCK / STARS IN YOUR EYES
CAMEO / WE'RE GOIN OUT TONIGHT
DAVID GILMOUR / BLUE LIGHT
EDDY GRANT / MY TURN TO LOVE YOU (US promo)
EDGAR WINTER / FRANKENSTEIN 1984
EDWIN BIRDSONG / RAPPER DAPPER SNAPPER
FIVE SPECIAL / WHY LEAVE US ALONE
KONK / MACHINE
FUNK MASTERS / IT'S OVER
GENTLE PERSUASION / LITTERBUG
JACKIE MOORE / THIS TIME BABY
THE JACKSONS / SHAKE YOUR BODY
LAID BACK / WHITE HORSE
MONGO SANTAMARIA / WATERMELON MAN
PAUL HARDCASTLE / RAIN FOREST
PIECES OF A DREAM / MT. AIRY GROOVE
RITCHIE FAMILY / I'LL DO MY BEST
THE ROMANTICS / TALKING IN YOUR SLEEP
SLY & THE FAMILY STONE / Thank You / FAMILY AFFAIR (US promo)
STANLEY CLARKE / HEAVEN SENT YOU
TEMPER / NO FAVORS
TOTO / GEORGY PORGY
WAS (NOT WAS) / Tell Me That… / Out Come The Freaks (dub)
EARTH WIND & FIRE / SIDE BY SIDE (US promo)
J. GALE GAYMON / (If You) Study Long You'll Study Wrong
JIMMY BRISCOE & The Beavers / INTO THE MILKY WAY
THE TONES / ONE MORE TIME
MILES DAVIS / SHOUT / Back Seat Betty (US promo EP)
MIRAGE / WOMAN
LONNIE LISTON SMITH / STAR FLOWER
MARTIN STEVENS / LOVE IN THE AIR
2WISE / YOU SET ME ON FIRE
THE CRUSADERS / (side-B) SWEET N SOUR (UK EP)
HASSAN & 7 - 11 / CITY LIFE
JOSE FELICIANO / I WANNA BE WHERE YOU ARE (US promo EP)
KONK / LOVE ATTACK
NATIVE LOVE / MEGATRON WOMAN
WOMACK & WOMACK / STRANGE & FUNNY
PHILLY U.S.A. / SPEAK WELL
V.A. / TURN ON THE TAP EP

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

cisum

Author:cisum
大阪の中古レコードWEB SHOPのオーナーが、買付であった面白いことやクラブイベント・レポート、レコードにまつわる雑談等を載せています。

WEB SHOPはこちら
http://cisumrecords.com

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー