スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MJ氏の報道を巡って

ミスターロンリー
マイケルとマリリン・モンローのそっくりさんによる
自分探しの物語、『ミスター・ロンリー』という映画です


 
 マイケル・ジャクソン氏が亡くなっても、アメリカのメディアは未だ大騒ぎらしいです。次々とカヴァー・ストーリーや暴露話が飛び出すお祭り騒ぎが続いていますし、これからも当分続くのでしょう。そんな中、週刊文春にあるYou Tubeの動画の記事が出ていたので、僕も見てみました。以下は雑誌と重複する部分もありますが、お許しを。


Congressman Peter King [NY]: Coverage of Michael Jackson Excessive, Misplaced
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=2RmneMDZlWQ

 これはどういう動画かというと、アメリカ下院議員のPeter Kingという人が連日アメリカで報道の続くマイケル・ジャクソンについて怒りをぶちまけているものです。最初に、消防士・現在激戦中のアフガニスタンにいる兵士に対して『彼らは身を犠牲にしてアメリカ国民の為に働いている』と称え、その後に『毎日テレビや雑誌、ラジオでマイケル・ジャクソンの話題ばかりで、まるで彼はヒーローのようだ』と嘆いています。
 続いて、『下らない精神分析(彼は幼児期に虐待を受けていた、等)にはうんざりだ。マイケル・ジャクソンは「特殊な性的嗜好(実際にはKing氏はもっとキツい言葉を使っています)」を持っていたんだ。あなたなら、自分の子供や孫を彼と2人きりにするかい?しないだろ?』
 そして、『彼は亡くなった。でも、毎日誰かが亡くなっているし、アフガニスタンでも兵士が毎日亡くなっているんだ。もっと報道に値する大事なニュースがあるんじゃないか?』と苦言を呈しています。


 この動画に対して、多くのコメントが寄せられています。諸手を挙げて賛意を示す人、人種差別だ、と憤る人・・・ただ、日本で亡くなった人に対してこんなコメントを出したら間違いなくメディアから袋叩きで、よりによって衆・参議院議員でしたら『不謹慎だ』と辞任騒ぎになるでしょう。そういった意味で、『勇気ある発言だな・・・』と考えさせられました。まあ、単なる売名行為なのかもしれませんが、それにしては相当リスクも大きいでしょうからねぇ。


 僕も彼が遺した多くの曲が大好きですし、若かりし頃には『スリラー』も真似して踊ったりしました。『KING OF POP』の称号を持つ彼の逝去を惜しむ人は世界にたくさんいますが、アメリカではニュース等この話題ばっかりでうんざりしている人も多いのでしょう。
 死しても尚、話題を存分に振りまくマイケル、まあ一番ホクホクなのは彼の楽曲や映像の版権を持つ誰かさんなのでしょうねえ・・・


では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com


*お知らせ

MR. FINGERSことLarry Heard氏が来日します!自身の生み出す作品はもちろんのこと、アゲてくれるDJingもグッドです、夏の終りにどうでしょう?

LarryHeard.jpg

Larry Heard Japan Tour 2009

 シカゴハウス/ディープハウスの先駆者としての最重要人物、Mr.FingersことLarryHeard。その繊細かつハイブリットなプロダクションによって、ハウスミュージックを音楽的だけでなく、よりスピリチュアルなものへと拡大した。Mr.Fingers 名義での、ファーストアルバムにしてシカゴハウス最高峰アルバム『Amnesia』、Fingers INC.(Larry Heard、Robert Owens、Ron Wilson) 名義での伝説的名曲"Can You Feel It"を収録するアルバム『Another Side』は、Larryの代表的な作品としてしられる。そしてMr.Fingers 名義でのセカンドアルバム『Introduction』は、当時最もクロスオーヴァーされた作品としてビルボードトップR&Bアルバム(1992年)となる。またThe It名義としての隠れた美しい名作、『On Top Of The World』も忘れられない。
 現在シカゴからメンフィスに活動の場を移したLarryだが、ほぼ毎年アルバムをコンスタントにリリース。2002年にはアルバム『Love's Arrival』、2003年にはアルバム『Where Life Begins』を発表し、多くのDJやリスナー達に大絶賛された。最近ではBlack Market Recordsから "25 Years from Alpha" EPをリリース。
 DJとしても、UK、北米、ヨーロッパをツアーしたり、LarryのDJコンセプトのひとつでもあるMr.Fingers Music Mixやwww.deephousepage.comでもみられるように、DeepHouseを基本にしつつも、かなり心地よいLarry節をきかせてくれるのである。

www.myspace.com/larryheardakamrfingers

8.29(SAT) Niigata @Under Water Bar Praha
 - URGE vol.18 -
 DJ: LARRY HEARD a.k.a Mr.Fingers And more

 open 22:00
 Advanced 3000yen w/1Drink Door 3500yen w/1Drink
 INFO: 025-249-2121 (praha)
 www.peacemaker-inc.com/praha

8.30(SUN) Shizuoka @club Four
 - Luv & Dub Paradise -
 DJ: LARRY HEARD a.k.a Mr.Fingers,
 SONE (ex TSUBAKI BALL/HOUSE NATION since1985),
 373 (maui mazzik),YAMADA (Attraction/Luv&Dub Paaradise),
 NAITO(HOUSENATION since1985/Luv&Dub Paaradise)

 open 20:00 Advanced 3000yen w/1Drink Door 3500yen w/1Drink

 INFO: 054-221-5227 (club Four)
 www.connect4.co.jp
 www.luvdub.jp (Luv & Dub Paradise)


9.04(FRI) Kyoto @Collage
- Larry Heard Japan Tour in Kyoto 3 -
 Guest DJ: LARRY HEARD a.k.a Mr.Fingers
 DJs: Bondman(deepa-licious),Tachibana(material),Yamada, Piro(zieth)
 ACT: Activate Your Dance Gene(dance)+
     Toru Yamanka(laptop/ex.dumb type)
 VJs: Stereo Tennis, Moairoq

 open 21:00 Advanced 2500yen w/1Drink Door 3000yen w/1Drink
 INFO: 075-256-6700 (COLLAGE)
 www12.ocn.ne.jp/~collage


9.05(SAT) Izu @Metamorphose Festival
       www.metamo.info

TOTAL INFO: AHB Production 06-6212-2587 www.ahbproduction.com



*今週のディスコ新入荷更新タイトルの一部です

ALEXANDER ROBOTNICK / PROBLEMES D'AMOUR (US promo)
ANDREAS VOLLENWEIDER / PACE VERDE
BURUNDI BLACK / BURUNDI BLACK
CANDI STATON / WHEN YOU WAKE UP TOMORROW
GEORGE DUKE / SAY THAT YOU WILL (US promo)
GROVER WASHINGTON JR. / WHEN I LOOK AT YOU
IDRIS MUHAMMAD / FOR YOUR LOVE
INVISIBLE MAN'S BAND / SUNDAY AFTERNOON
KASSO / KEY WEST (remix)
LEE RITENOUR / COUNTDOWN (US promo)
MARY JANE GIRLS / ALL NIGHT LONG (US promo)
PET SHOP BOYS / WEST END GIRLS
RAY SIMPSON / MY LOVE IS UNDERSTANDIN' (US promo)
TINA CHARLES / I LOVE TO LOVE
YELLOWMAN / STRONG ME STRONG
BROOKLYN DREAMS / MUSIC HARMONEY and RHYTHM
PRINCE / SEXY MF (US promo)
STAPLE SINGERS -THE / SLIPPERY PEOPLE
BOHANNON / LET'S START THE DANCE (remix)
BRAINSTORM / Hot For You / Don't Let Me Catch You …
EARL FLINT / PEOPLE HOLD ON
EARTH WIND & FIRE / FALL IN LOVE WITH ME (US promo remix)
JOHN DAVIS / THAT'S WHAT I GET (US promo)
MACHINE / MARISA
MIDNIGHT RHYTHM / WORKIN' & SLAVIN'
REAL THING / STREET CORNER BOOGIE
WAS (NOT WAS) / ROBOT GIRL
BROOKLYN DREAMS / STREET MAN
COMMON CAUSE / SAUSALITO
JIMMY SABATER / TO BE WITH YOU
KEN BOOTH / WOTHOUT YOUR LOVE
PLEASURE / JOYOUS (DJ Harvey re-edit)
Teena Marie / Square Biz (US promo)

*今週のジャズLP新入荷更新タイトルの一部です

ART WEBB / LOVE EYES
BOB JAMES / HANDS DOWN
CHARLES EARLAND and Odyssey / REVELATION
FREEDIE HUBBARD / THE LOVE CONNECTION
GARY BARTZ / BARTZ
HERBIE HANCOCK / DEDICATION (Japanese)
JIMMY McGRIFF / BLACK PEARL
LONNIE LISTON SMITH / EXPANSIONS
LUIS GASCA / BORN TO LOVE YOU
JEAN-LUC PONTY / COSMIC MESSENGER
BOBBI HUMPHREY / SATIN DOLL
DAVID NEWMAN / MR. FATHEAD
DIZZY GILLESPIE / FREE RIDE
Gil Scott-Heron & Brian Jackson / 1980
Gil Scott-Heron & Brian Jackson / BRIDGES
Gil Scott-Heron & Brian Jackson / SECRETS
GRAB BAG -THE / SUDIO DIRECTIONS
GROVER WASHINGTON JR / WINELIGHT
HERBIE HANCOCK / MAN-CHILD
HERBIE HANCOCK / MONSTER
MILES DAVIS / BITCHES BREW (W-LP)
NINA SIMONE / PASTEL BLUE
RODNEY FRANKLIN / YOU'LL NEVER KNOW
ROY AYERS / LOVE FANTASY
CAL TJADER / TJADER-ADE
CLIFFORD JORDAN / REMEMBERING ME-ME
EDDIE HENDERSON / MAHAL
ERNIE WILKINS and His Orchestra / HARD MOTHER BLUES
FREEDOM SOUNDS -THE / SOUL SOUND SYSTEM
GRANT GREEN / VISIONS
LES McCANN LTD / McCANNA
LONNIE SMITH / KEEP ON LOVIN'
LONNIE SMITH / MAMA WAILER
NINA SIMONE / IT IS FINISHED
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

"FU○K"の正しい使い方は?

中指



 アメリカ映画を観ていると、やたらと"fu○k"とか"f○ckin' ~"とか言ってます。もう絶対的な放送禁止用語ではないのですね、イギリス映画でもその頻度は格段に下がりますが、それでも時折耳にします。さすがに両国でもテレビでは「ピー」音が入りますし、レコードでも、特にヒップホップ、ラジオ・ヴァージョンはその言葉があれば消音してあったり、「ピー」音を入れたりして対処しています。
 イギリスに住み始めた頃、この言葉を正しく使うのは難しいな・・・と感じました。というのも、親しくなればその言葉の使用頻度も増すのですが、ときどき「ん?」という表情をされることもありました。まあどうでもいい事なんですけど、あくまで個人的な見解で、考えてみました。


 イギリスではどちらかというと"bloody"や"the hell"をよく使いますが、アメリカの影響もあってか、若い世代は"fu○k"をよく使用しています。年配の方はほとんど使ってませんでしたが、アメリカでは
どんな世代も頻繁に使用しているようでした。

例:アメリカ * What the fu○k are you looking at?"
         (何見てるんだこの野郎)
  イギリス *What the hell are you looking at?" (同上)
        *Bloody hell ! (そいつは酷いな!)

 イギリスでもアメリカでもそうですが、ある程度親しい間柄じゃないと使うのは憚られるようです。その代わり、レコードを買うとき、『コレ1枚だな?』とジョークで中指を立てられたり、電話で一言目に"What the fu○kin are you doing now?"と言われたり、友人からバシバシ飛んできて『ひょっとして馬鹿にされてるのか?』とこちらが戸惑う事もありました。非・ネイティヴ・スピーカーには難しいニュアンスもあるようです。


 例の中指を立てるハンド・サインもそうです。
初めて買付でアメリカに行った、サン・フランシスコでのことです。ゴールデン・ゲート・ブリッジで渋滞が酷く、みな割り込みを狙って車幅スレスレでノロノロ運転をしており、クラクションが鳴り響いていました。一台の車が強引に僕の前に入り、危うくぶつかりそうになったのでクラクションを鳴らしたら、そいつが鳴らし返してきました。『自分が割り込んできたんだろ、このヤロー・・・』と思っていたら、渋滞にはありがちなのですが、いつの間にか僕が真横になりそのまま抜く形になったので、通り過ぎる時に中指を立ててそいつにかざしたら怒る事怒る事!渋滞区間は過ぎ、通常速度ちょい遅くらいで走っていたのですが、5キロくらい高速を追いかけられました。『なるほど、このハンド・サインはやっぱり怒るのか・・・』と妙に感心しつつ逃げ切りましたが、これは本当に喧嘩を売るとき以外は使用しない方がいいと思います。


 そうかといって、例えばスポーツの試合や軍隊では自分達を叱咤・鼓舞する言葉として"fu○k"は使われます。また、「すごい~」という意味での"fu○kin' cool""fu○kin' gorgeous"といった使用法もありますが、それは特殊な例であり、やはり親しい仲でもあまり言わない方が我々日本人には無難だと思います。皆様も外国人と話すときは、使うなら充分に注意してお使い下さい。でないと健康上のトラブルを招きかねませんので・・・


では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com

*今週のディスコ新入荷更新タイトルの一部です

80'S LADIES / LADIES OF THE EIGHTIES
ASPHALT JUNGLE / FREAKIN' TIME
BEE GEES / YOU SOULD BE DANCING (US promo 4 tracks EP)
BEN E. KING / MUSIC TRANCE
CARRIE LUCAS / SHOW ME WHERE YOU'RE COMING FROM
CHAKA KHAN / CLOUDS / WHAT YOU DID (US promo)
CHERI / Give It To Me Baby / STAR STRUCK
DEE DEE BRIDGEWATER / BAD FOR ME
D-TRAIN / KEEP ON
EAST COAST / THE ROCK
EIGHTIES LADIES / TURNED ON TO YOU
JANIS IAN / FLY TOO HIGH
ISLEY BROTHERS -THE / BETWEEN THE SHEETS (US promo)
JENNY BURTON / BAD HABITS
K.I.D. / Hupendi Muziki Wangu?! / IT'S HOT
KONK / YOUR LIFE
LINDA TAYLOR / YOU AND ME JUST STARTED
MANHATTANS / CRAZY
MICHAEL JACKSON / WANNA BE STARTIN' SOMETHIN'
MILTON WRIGHT / BROTHERS AND SISTERS
POSITIVE FORCE / WE GOT THE FUNK
RENA SCOTT / SUPER LOVER
SECOND IMAGE / CAN'T KEEP HOLDIN' ON
STYLE COUNCIL -THE / THE LODGERS (dance remix)
STYLE COUNCIL -THE / HAVE YOU EVER HAD IT BLUE (US promo)
STYLE COUNCIL -THE / SHOUT TO THE TOP
SUN / RADIATION LEVEL
VILLAFANE / MATHIESON:IN THE FOREST
ZALMAC feat. Zulema / FRIENDS
EARTH WIND & FIRE / RUNNIN' (US promo DK edit)
CHRISTOPHER CROSS / ALRIGHT (US promo)
D-TRAIN / "D"TRAIN (DUB)
GRACE JONES / PULL UP THE BUMPER (remix)
HUE CORPORATION -THE / ROCK THE BOAT
JERRY KNIGHT / OVERNIGHT SENSATION
JUNIOR BYRON / WOMAN
PHYLLIS HYMAN / SO STRANGE (US promo)
RAMSEY LEWIS / AQUARIUS / LET THE SUNSHINE IN
WHOLE DARN FAMILY -THE / SEVEN MINUTES OF FUNK

*今週のヒップホップ新入荷更新タイトルの一部です

COOKIE CREW / SECRETS
DE LA SOUL / BREAKADAWN (US promo remix)
DIAMOND and The Psychotic Neurotics / WHAT U HEAD
ED O.G. & Da Bulldogs:I GOT TO HAVE IT
GANG STARR / LOVE SICK
JAMES BROWN / STATIC
KEY-MATIC / BREAKIN' IN SPACE
KEY-MATIC / JAZZ-UP & HIP HOP
KINGS OF SWING / U KNOW I LOVE YA BABY
L.L. COOL J / MAMA SAID KNOCK YOU OUT
L.L. COOL J / ROCK THE BELLS
MAIN SOURCE / LOOKING AT THE FRONT DOOR
MR. X & MR. Z / RESPECT
PHARCYDE -THE / SOUL FLOWER (2 Tha 3 Mix) (US promo)
Reynald "Frenchman" Dechamps / HOP-HOP-TRAXX
SPECIAL ED / COME ON LET'S MOVE IT
WILD BOYZ / I Trought U Knew!!!! / Supa Badd!!
3RD BASS / BROOKLYN QUEEN
BIZ MARKIE / MAKE THE MUSIC WITH YOUR MOUTH BIZ
CAPTAIN ROCK / COSMIC BLAST
CRUSADERS FOR REAL HIP-HOP /
DE JA VU - IT'S '82 (US promo W-LP)
DJ DEZ (Andres) / MASS DESTRUCTION LP
KOOL ROCK BROTHERS / SEE MORE / TAKE IT LIKE A MAN
MAIN SOURCE/ MERRICK BLVD.
NEW STYLE -THE / SCUFFIN' THOSE KNEES
NICE & SMOOTH / MORE & MORE HITS
ORGANIZED KONFUSION / Who Stole My Last Piece of Chicken ?
ROCK N' GEE / Swing Beat / DUAL TONE
TONY D / MUSIC MAKES YOU MOVE vol.1 (LP)
TOO POETIC / GOD MADE ME FUNKY
V.A. / STILL/THE JOINT Sugarhill Remixed (12X4 BOXSET)

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

英語と米語

ズボン
ご存知の方も多いと思いますが、我が国ではズボン、
アメリカではパンツ、イギリスではトラウザーになります

 
 以前の買い付けでのことです。
ニュー・ジャージーの中西部にある中古レコード屋、そこはハドソン川を挟んでマンハッタンからすぐなので、ニュー・ヨークからも頻繁にお客が来ています。そこのオーナーが、レコードを見ていた新顔らしい若者に声を掛けました。
「ボーイ、何処から来たんだ?」 
「ニュー・ヨークです」
 彼が去った後に、他のお客と
「あれは田舎者だな」 
「ああ、普通はニュー・ヨークと言わないよな、
ブロンクスとかマンハッタンとかブルックリンとか(地区名を)言うからな」
・・・なるほど、近いからなればこそなのでしょうが、そんな風に判断出来るのか・・・と興味を惹かれました。そのあと世間話をしていたとき、僕が相槌を打つとき「Right」とか「I See」とか言うと、「ここはアメリカだ、イギリス語を喋るな」とか冗談で言われました。


 僕はイギリスで生活していた期間があるので、買付中に話す言葉はイギリス英語がベースになっています。といってもどんどん忘れてきていますし、最近はアメリカへ買付に行く事が多いのでアメリカ英語と混ざったりして変な言葉になってきています。
 思えば、一番最初にアメリカへ買付に行ったのは西海岸、サン・フランシスコだったのですが、『?何喋ってるか分かんねぇ・・・』状態に陥りました。自分の言ってる言葉も聞き返される事が多く、『とりあえず舌を巻いてみよう』と意識したら聞き返される頻度も少なくなりましたが、相手の話す事は注意深く聞かないと頭に入ってこない時がありました。もっとも、相手によってだいぶ違いますけどね。


 英語が世界で公用語、とされているのは疑いの余地無くアメリカのおかげでして、僕等が学校で習う英語は米語です。しかしこれからの時代、義務教育でもどちらの英語を学びたいか、という選択肢もあっていいのではないでしょうか?
 真偽の程は定かではありませんが、僕が聞いた話では、アメリカではイギリス英語を話すとモテる、イギリスではその逆、というものがありました。何処の国でも異質なものに興味を引かれる、というのがあるのかも知れませんが、アメリカかイギリスに留学をお考えのアナタ、行き先とは逆の英語を習っておいたらひょっとしてモテ度アップかも・・・んな訳ないか・・・


では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com


*今週のディスコ新入荷更新タイトルの一部です

52ND STREET / TWICE AS NICE
ADVANCE / TAKE ME TO THE TOP
BARRY WHITE / SHEET MUSIC
BOOKER T. / DON'T STOP YOUR LOVE
CYBOTRON / CLEAR
DATA / BLOW
DEBBIE JACOBS / HOT HOT (US promo)
EDDY GRANT / TIME WARP
FANTASTIC ALEEMS -THE / HOOKED ON YOUR LOVE
FRANK HOOKER & Positive People / THIS FEELIN' (remix)
FRANK HOOKER & Positive People / THIS FEELIN' (original version)
HERB ALPERT / ROTATION
HERB ALPERT / RED HOT
O'JAYS -THE / PUT OUR HEADS TOGETHER
PAM TODD & Gold Bullion Band / BAISE MOI
QUARTZ / BEYOND THE CLOUDS
ROLLING STONES -THE / MISS YOU
SALSOUL ORCHESTRA -THE / OOH I LOVE IT (Love Break)
SANTANA / STORMY (US promo)
STARGAZE / YOU CAN'T HAVE IT
T.S. MONK / BON BON VIE (US promo)
TAANA GARDNER / NO FRILLS
BUNNY WAILER / GET UP STAND UP
GRANT GREEN / SOOKIE SOOKIE
JAMIROQUAI / TOO YOUNG TO DIE
TULLIO DE PISCOPA / E FATTO E SOEDE! E? (money money)
BORIS MIDNEY / D-D-D-DANCE
CAMEO / SHAKE YOUR PANTS (US promo)
DEBRA LAWS / BE YOURSELF (US promo)
EARTH WIND & FIRE / SIDE BY SIDE (US promo)
FRESH OUT / DISCO NATURE
GWEN GUTHRIE / IT SHOULD HAVE BEEN YOU
SPANDAU BALLET / CHANT NO.1

*今週のソウルLP新入荷更新タイトルの一部です

DEBRA LAWS / VERY SPECIAL
MFSB / MYSTERIES OF THE WORLD
BILLY PAUL / GOING EAST
BOBBY LYLE / NEW WARRIOR
BOBBY WOMACK / SAFETY ZONE
CLAUDIA BARRY / SWEET DYNAMITE
DEBARGE / ALL THIS LOVE
DEE DEE SHARP GAMBLE / DEE DEE
FATBACK BAND -THE / RAISING HELL
FAT LARRY'S BAND / STAND UP
GLADYS KNIGHT & The Pips / STILL TOGETHER
HOT CHOCOLATE / MAN TO MAN
INSTANT FUNK / WITCH DOCTOR
WEBSTER LEWIS / WELCOME ABOARD
MARVIN GAYE / TROUBLE MAN soundtrack
MOTOWN SOUNDS / SPACE DANCE
MTUME / IN SEARCH OF THE RAIBOW SEEKERS
PATTI AUSTIN / IN MY LIFE
PRINCE / SIGN "O" THE TIMES (W-LP)
SPACE / MAGIC FLY
SUN / FORCE OF NATURE
SWEET THUNDER / HORIZONS
SYREETA / S/T
TANTRA / THE DOUBLE ALBUM (W-LP)
TOWER OF POWER / URBAN RENEWAL
CHANGE / THE GLOW OF LOVE
CROWN HEIGHTS AFFAIR / DREAM WORLD
DIANA ROSS / AN EVENING WITH DIANA ROSS (W-LP)
EDDIE KENDRICKS / GOIN' UP IN SMOKE
LABELLE / MOON SHADOW
MANDRE / M3000
MARVA KING / FEELS RIGHT
SKYY / SKYYPORT
TONY SILVESTER & New Ingredient / MAGIC TOUCH


テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Who wanna be a billionaire?

西成
生まれ変わったらマイケルになりたいな~っと、今夜もご機嫌やでー
西成の路上で寝るオッサンです(友人撮影)


先日、友人と通天閣の下辺りを歩いていたら、前から典型的な2人の西成のおっさんが歩いてきて、
すれ違いざまに彼らの交わしている会話の一部が耳に入りました。
『あんた、そら昔、ジャクソン・ファイブにいたがな~』
・・・おそらく亡くなったばかりのマイケルの事を話してたのでしょうが、この場所で聞くと妙に可笑しかったです。

マイケル・ジャクソン・・・
MTVの流行と共に、ダンスと曲を効果的に結びつけて大ヒットを次々と放ったスター、
その遺産(未発表の楽曲の使用権、既発曲や映像の使用権)と負債を巡って裁判になりそうです。
それで2年前、買付中にアメリカのテレビで大騒ぎ、
どのチャンネルをつけても放送していた遺産を巡るバトルを思い出しました。
きっと日本でもニュースになっていたと思いますが、コレはなかなか凄いです。
当事者誰も生きていませんから・・・


1991年、ヒューストンのナイトクラブでストリッパーとして働いていたアンナ・ニコル・スミス(元プレイメイト)、
彼女が63歳年上のテキサスの石油大富豪と出会い、「おいおい、若い女に狂ったか」と心配した
大富豪の家族に猛反対されながらも1994年6月に結婚したのですが、翌1995年8月に大富豪が死去。
彼が残した莫大な遺産をめぐって、28歳年上の義理の息子を相手取り
「遺産はわたしのものよ!」と裁判を起こし係争中だったのですが・・・
その義理の息子が病死してしまい、しかもその間に大富豪の遺言書が見つかり、
遺言書にはすでに亡くなった息子へ遺産を相続すると明記されていたそうです。
しかし当人が死亡している為、推定15億ドルと言われる財産は宙ぶらりんとなったわけです。

そんな中、アンナは2006年9月、長女を出産(父親は誰か公表せず)。
しかしその翌年の2007年2月に謎の死を遂げました。
同年9月、アンナの弁護士が「私が新生児の父親だ」と名乗り出ましたが、
別の芸能ジャーナリストや、とある女優の夫もまた自分が父親であると次々と主張し、
最終的には、誰が本当の父親であるかを確認する為のDNA鑑定にまで及び、
芸能ジャーナリストが新生児の実の父親であると証明されました。
現在ではアンナの母親が遺言状が無効であるとして争う構えを見せているそうです。


今や当事者(大富豪、その相続人の息子、若い嫁さん)は全てこの世から去り、
今も裁判は産まれたばかりの無垢な子供が相続する可能性のある莫大な遺産とその後見人となる為に続く・・・
全く、人間ってやつは・・・しかし15億ドルなら狂う価値もあろうというものです。

さてさて、マイケルの遺産はプラスかマイナスか、ご主張は計画的に・・・



では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com

*今週のディスコ新入荷更新タイトルの一部です

AURAL EXCITERS / SPOOKS IN SPACE
CARESS / CATCH THE RHYTHM (US promo)
DELEGATION / OH HONEY
ECHO & BUNNYMEN / LIPS LIKE SUGAR
FELIX / You Can't Hold Me Down / Tiger Stripes
FONDA RAE / HEOBAH
GENTLE PERSUATION / LITTERBUG
K.I.D. / DON'T STOP
LA COMPAGNIE CREOLE / A.I.E.
MICHAEL JACKSON / BILLIE JEAN
SADE / PARADISE
SANDY KERR / THUG ROCK
SOUTHROAD CONNECTION / SOMETHING SPECIAL (US promo)
STEELY DAN / FM
STYLE COUNCIL -THE:MY EVER CHANGING MOODS
TONEY LEE / REACH UP
WALLY BADAROU / CHIEF INSPECTOR
WAYNE ST. JOHN / SOMETHING'S UP
WHAM ! / EVERYTHING SHE WANTS
WILLIE COLON / SET FIRE TO ME
BRAINSTORM / WE'RE ON OUR WAY HOME (Mixmaster 12")
BRECKER BROTHERS -THE / DON'T STOP THE MUSIC (US promo)
HEAVEN 17 / LET ME GO !
HERBIE HANCOCK / YOU BET YOUR LOVE
KABBALA / ASHEWO ARA
LEONARD SEELEY'S HERITAGE / FEEL IT
MARLENA SHAW /
TOUCH ME IN THE MORNING (80's Canadian 12")
BOZ SCAGGS / HARD TIMES (US promo)
A CERTAIN RATIO / BRAZILIA
BEN / I Would Have To Be A Fool
FLYING LIZARDS -THE / MONEY
GAUCHO / DANCE FOREVER
JUGGY JONES / DANCE GROOVE
LORI & RAFAEL / ALWAYS
MANHATTAN TRANSFER / SPICE OF LIFE (US promo)
NICK STRAKER / YOU KNOW I LIKE IT

*今週のOTHERS新入荷更新タイトルの一部です

ANNE CLARK / JOINED UP WRITING (EP)
BARRABAS / WATCH OUT
A.C. JOBIN & LUIS BONFA / BLACK ORPHEUS
New AMERICAN Orchestra -The / BLADE RUNNER SOUNDTRACK
DEADLINE / DOWN BY LAW
ENVIRONMENTS / The Psychologically Ultimate Seashore
JAMES LAST / WELL KEPT SECRET
JOE JACKSON / MIKE'S MURDER soundtrack
KOKOMO / RISE AND SHINE !
AFRICA / MUSIC FROM LIL BROWN
OSIBISA / S/T
SERGIO MENDEZ & Brasil '77 / PRIMAL ROOTS
STARDRIVE / S/T
SYNERGY / GAMES
TANGERINE DREAM / EXIT
TOM WAITS / BLUE VALENTINE
OSIBISA / WELCOME HOME
BUARI / S/T
Cat Mother and The All Night Newboys /
The Street Giveth…and The Street Taketh Away
ENVIRONMENTS / COUNTRY THUNDERSTORM
EXUMA / LIFE
N. AE. / KATHARSIS
SELECTER -THE / TOO MUCH PRESSURE
TALKING DRUMS / SOME DAY CATCH SOME DAY DOWN
KIP HANRAHAN / COUP DE TETE
NEW YORK MARY / A PIECE OF THE APPLE
TOM WAITS / CLOSING TIME
TOM WAITS / SWORDFISHTROMBONES
TRAX / DANCIN' IN THE STREET

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

cisum

Author:cisum
大阪の中古レコードWEB SHOPのオーナーが、買付であった面白いことやクラブイベント・レポート、レコードにまつわる雑談等を載せています。

WEB SHOPはこちら
http://cisumrecords.com

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。