スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂へようこそ

20070330131720.jpg

S.Winwood, J.Capaldi,... / Welcome to the Canteen


またしても、今回はレコードとは関係ありません。
以前ぶらぶら旅をしていた頃の話です、よかったらお付き合い下さいな。


当方、あちこちの国に行く時にテーマを持っておりまして、
それは「なるべくその国の大学の学食でランチを取る」ということでした。
だいたいどこの国も首都の名前がついた大学なら公立、学食もあるだろう、
と推察して『ちょい安めの普通の味(本当にそうか分かりませんが)』を比べてみたかったのです。

もちろんバックパック一つの貧乏旅行だったため、
コスト・パフォーマンスの追求にもなるかな・・・という考えもありました。
また、殆んど英語の通じない国ばかりを旅していたせいか、大学生なら英語を喋れる人も多いだろう、
現地の情報を色々入手できるかも、という安直な発想もありました。
色んなメニューを食べたわけでなく、どこもほぼ1回きりの訪問でしたが、なかなか面白かったです。

あくまで独断ですが、良かった学食はハンガリーのブダペスト大学、
ポーランドのワルシャワ大学、トルコのイスタンブール(首都ではないですが)大学のものでした。
殆んどがバフェット形式だったので並んでいる様々な料理の色、艶、匂い等や、
その場所自体のキレイさ等も考慮に入れています。


ここでまたイランでの話になってしまうのですが、テヘラン大学で学食を探していた時に、
うろうろしている東洋人の僕を怪しんだ大学教授に呼び止められ、
「僕は日本から来た学生で今、旅をしています。食文化を研究していて(嘘です)、
味の平均的なサンプルを取りたいから、学食で食べさせてもらえませんか?」と真面目な顔を作って答えました。
すると、何故かその教授は僕を彼の個室に連れて行き、ピタブレッドのサンドイッチを僕にくれて、
チャイを飲みながらいろいろお互いの国の話などになりました。

日本のことには興味深々、といった感じで、機械の事やテクノロジーの事を面白そうに質問してきます。
僕の方は、興味があったイランの革命前後の政治的な質問をしてみました。
というのも、現地で会った人は殆んど、アメリカの傀儡政権だった時代の方が良かった、と言っていたからです。

すると、その教授は一言 " It's delicate question (それはデリケートな質問だ)・・・" と言い、
怒った様に窓の方を向いて黙ってしまい、急に雰囲気が気まずくなってしまいました。
イスラム主義国家のインテリ層の中では触れてはいけない話題だったのか、
それとも教職にある身として本音は言えない、とはこちらの考えも及びませんでした。
そんなこんなで、残念ながらテヘラン大学に於ける学食の様子は確認出来なかったのが心残りです。


ポーランドのワルシャワ大学では、学食を探す途中に偶然日本語クラスの部屋を通りがかり、
窓越しに日本語の書かれた黒板を見てると、中にいた生徒達(ほぼ全員女性なのです)に
気付かれてクラス中にクスクス笑いが拡がり、先生(この方も女性でした)にも
「貴方、何見てるの?」と窓越しに優しくにこやかに訊かれ、
「いや、旅をしている日本の学生なんだけど、黒板に日本語が見えたからつい・・・」と説明したら、
クラスに招かれ、短時間ですが臨時講師(?)になってしまいました。
その先生いわく「女性が多いのは日系企業の秘書になるためで、このクラスはとても人気があるのよ」との事。
ポーランドは美人の産地としても有名でして、妙齢のポーランド女性(約30名)のクスクス笑いの中、
滅茶苦茶テレながら日本語を彼女等に聞こえるように張り上げる自分の姿は、
あまり思い出したくないものの一つとなっています。


買付でも是非とも学食を訪問してみたいのですが、いつも時間に追われているため、
そしてもう『学生』として通用する年齢でもないため、一度も行っていません。
まあ中古レコードの買付先はほとんどG7に入っているような国なので、
あまり面白みや新たな発見は無いとは思うのですが・・・
学生と話も出来ますし、安いので旅行の際には結構オススメですよ、なんて言っていいのかな・・・



では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『パラダイス・ガラージの時代』

Para.jpg



遅ればせながら、最近この本を読みました。
The Paradise Garage誕生と終焉、そしてその前後の状況を克明に記した本、著者はWest End Recordsの創始者の1人メル・シェレンです。個人的にはAIDSという病気の流行がいかに彼と彼の周囲を取り巻く社会を蝕んでいったか、それがどれだけクラブ・カルチャーにダメージを与えたか、という箇所に驚きを覚えました。が、ここはレコードの話を・・・


この本によると、世界最初の12インチはAl Dowing "I'll Be Holding On"と言う曲らしいです。当時Tom MoultonがDJ用にアセテート(数回プレイしたら盤が駄目になる柔らかい素材のレコード盤)を作っていた時、ある日10インチ用のアセテートの素材が無く、時間も無かったので在庫があったLP用の(つまり12インチと同サイズ)ヴァイナルで溝を広げて制作したところ、これまでには聴いたことのないクオリティの音質で再生された、というところから始まったらしいです。このフォーマットをサルソウルがファンのために採用し限定盤で市販(多分タイトルはDouble Exposure "Ten Percent"でしょう)、これが大好評で12インチというフォーマットが急速に広まっていった、と記してあります。やはり、12インチというものは誕生からして音質ありき、クラブ・プレイありきなんですね。


ちなみにB面にインストが収録された初の市販用7インチは Ultra High Frequency "We're On The Right Track"という曲で、当時のDJ達にディスコでのプレイ時に2枚使いの自由さを与え大好評だったらしいです。この曲は後にSouth Shore Commissionのアルバムにもテイク違いが収められています。
これはこの本とは関係の無い話ですが、このアルバムに入っていて今でも耳にするスーパー・クラッシック"Free Man"、なんでも本来はかなり速いBPMで録音されたものらしいのですが、ダンス・フロアーに向かないため、ピッチをかなり落としてアルバムに収録されたらしいです。
『それが証拠に、男性ヴォーカルはこのグループにはいないだろう?』とある大物プロデューサーが言っていた、とあるスジから聞いたので本当かもしれません。
もしこの話が本当ならば、さすがのFree Manもダンス・フロアーの法則からは自由になれなかった、という訳ですか・・・


僕等には永遠に体験出来ないあの時代に思いを馳せ、興味深く読ませて頂きました。


では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

寝言は寝て言え

roman.jpg

コレ、流行りましたね・・・


僕は昔から寝言が多いらしく、人に迷惑をかけたり笑われたりすることが多々あります。よく言われるのは、何語か分からない言葉をぶつぶつ言っているらしいのですが・・・これはきっと夢の高速の時間軸のせいでしょう。以下は、本人には記憶が全く無いのですが・・・


スイスへ一度レコードの買付に行ったときの事です。
何を思ったか、ホテルの一室で横のベッドで寝ていた、当時勤務していた店のオーナーを『ねえねえ』と僕が体を伸ばして揺り起こしました。オーナーは「何やねん」と少々ムッとしながら僕に用事を尋ねると、僕は『上から読んでも下から読んでもスイス、他には何があ~る?』と訊いたそうです。子供口調で、朝の4時に、熟睡中のオーナーを起こして・・・
起きてからオーナーにその事を聞き、ひたすら申し訳なくて「何の夢見てたんでしょうね?」と謝ると、オーナーは「スイスに来て嬉しかったんちゃう?」と。確かにスイスに足を踏み入れたのは初めてでしたが、あの質問は一体何だったんでしょうか?


また、去年帰省した折、オカンが朝起こしにきた(らしい)時の事です。「ご飯だよ~」と僕を揺すったところ、何か英語らしき言葉で歌を歌いだして、その直後に『いや、ソレは違う!』と。オカンは「何が『違う』のか?ご飯か?」と驚いていたら、その15秒後くらいに『自転車のカゴに人間が乗るのは仕方が無い!』と強い口調で言い放ったそうです。
コレは意味不明極まりないですね・・・


起きてから他人に自分の寝言の話を聞く度に、どんな夢を見ていたのか知りたくなるのですが、殆んどの場合全く覚えていません。寝言の内容から言って、かなり奇妙な夢に違いないとは思うのですが・・・とりあえず人に迷惑をかけないことから始めてみます。


では、今回はこの辺りで。
ディスコ好きな方は、
ウチのWEB-SHOPも覗いてみてください。
http://cisumrecords.com

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

cisum

Author:cisum
大阪の中古レコードWEB SHOPのオーナーが、買付であった面白いことやクラブイベント・レポート、レコードにまつわる雑談等を載せています。

WEB SHOPはこちら
http://cisumrecords.com

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。